欅の木33 新年のご挨拶(2019年) - 欅友会
FC2ブログ

欅友会

新年挨拶

「新年のご挨拶」


◎東京経済大学 岡本英男学長の新年ご挨拶              2019年1月会報岡本学長2
    
                             
「域の学術文化の拠点としての欅友会」

欅友会の皆様、新年おめでとうございます。
私が毎年欅友会の学習会スケジュールを見て驚くことは、学習会のテーマが多彩で、しかも講師陣が皆一流ぞろいということです。
 
昨年秋の財政学会全国大会(香川大学)のメインシンポジウムのテーマは『「財政再建とマクロ経済」―経済再生と生活保障に政府はどのように関与すべきか―』でした。登壇するパネリストは、岡本英男(東京経済大学)、土居丈朗(慶応義塾大学)、松尾匡(立命館大学)、松林洋一(神戸大学)の4人。私と土居さんは財政学会会員、松尾さんと松林さんは非会員でゲストパネリスト。各人の主張を大きく分けると、私と松尾さんは「経済の再建」こそ重要で「財政再建」はデフレ脱却後でよいという立場。それに対して土居さんと松林さんは、日本経済にとって「財政再建」「財政緊縮」は直ちに取り組むべき至上命令であるという立場でした。
 
会員の皆さんは覚えていらっしゃると思いますが、私は2015年4月の欅友会学習会にて「日本は絶望的なほど財政危機か」という講演をしました。土居さんは、2018年2月の欅友会学習会で「日本の財政問題」という講演をしています。もちろん、研究者を対象とする学会報告と生涯学習を旨とする欅友会の学習会での講演は同じではありません。しかし、学会報告であれ市民向けの講演であれ、私の主張の核心部分は同じです。このことは、欅友会の講演記録を見る限り、土居さんにも当てはまります。

以上のことから私は、欅友会の学習会は広い意味での「市民の学会」であり、「地域の学術文化の拠点」であると思っています。
東京経済大学を舞台にした欅友会の学習会が、今年もまた地域の学術文化の向上に貢献されることを祈念して、私の新年の挨拶を終えたいと思います。



◎欅友会 増田保武会長の新年ご挨拶 
                               
2019年1月会報増田会長2

会員の皆様、新年おめでとうございます。平成が終わり、今年は新しい元号のスタートの年となりますが、本年もどうぞよろしくお願いします。

さて、昨年の世界経済は米国が高成長を維持、欧州経済は堅調、中国を始めとするアジア経済も底堅く推移しました。日本経済も雇用、所得環境の改善に伴う個人消費の回復等により、前半は好調に推移しましたが、貿易戦争の余波、自然災害の影響などにより後半は足踏み状態に変化しつつあります。

また、これまで先進諸国の共通の理念であった自由貿易をも拒絶する米国トランプ大統領の保護主義政策により、中国との貿易摩擦が一層激化し、世界経済の大きなリスクに浮上しました。更に、西欧社会には共通してポピュリズムの台頭など、社会を二分する分断が根深く進行しており、世界各国で社会情勢は不安定さを増しています。サウジアラビア、イラン、北朝鮮などの地政学的リスクも引き続き大きく存在します。

こうした不安定で予測不能な時代こそ、幅広い分野そして奥の深い知識や情報を吸収していただき、頭をより柔軟にしていただくことが、物事の本質を理解し、正しく判断するために肝要なことと考えます。

「人生は旅」、人間は日頃の日常を離れ、旅をすることで心にゆとりが出来、新しい発見・発想に巡り合えるもの。欅友会の学習会の2時間はまさに「旅」そのものです。講師の先生の道案内で皆さんと共に旅を楽しみ、大いに学び、新しい知識を吸収したいと思います。

欅友会は今年37年目を迎え、会員数も昨年に続き400名を超える地域と大学を結ぶ素晴らしい生涯学習会に発展しています。学習意欲に満ちた会員の皆様のご協力に、深く感謝申しあげると共に全面的なご協力を頂いている東京経済大学そして国分寺市に改めて御礼を申し上げます。

今年も既にお知らせしている通り、1月から7月までの計10回、時流のテーマを含む魅力ある学習会を設定させて頂いておりますので、多くの会員の皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

役員一同、今年も会の発展と会員相互の親睦の為に精一杯努めますので、ご支援ご協力のほど宜しくお願いいたします。


メニュー
アクセスカウンター
リンク