ご報告とお知らせ

「ご報告とお知らせ」


①会員懇親会のご報告   

5月19日(土)15:50~17:40、東京経済大学葵陵会館1F大学食堂(TERIA)において、平成30年会員懇親会が開催されました。欅の新緑が眩しい会場には、東京経済大学から後藤鍈四郎理事長、岡本英男学長、新正裕尚教授(全学共通教育センター長)、米山高生教授(生涯学習推進委員長)、二瓶司総合企画部長及び小林和存広報課長を、国分寺市から古屋真宏教育長及び千葉昌恵社会教育課長を来賓としてお迎えし、会員82名が集いました。
2018年6月会報会員懇親会7

総勢90名の懇親会は、当日の学習会講師・新正教授への質問や意見交換、和やかな会員相互の歓談で盛り上がる中、東京経済大学グリークラブ10名の学生による、「校歌」、「夢みたものは」、「雨」、「Sound Celebration」など6曲の熱唱がありました。新しい出会いを喜び、旧交を温め合った爽やかな季節でのひとときでした。(山岸 信雄)
                    
        2018年6月会報懇親会7                  
                       2018年6月会報懇親会9




②6月の学習会のおしらせ
◆6月2日の学習会については5月号でご案内しましたので省略しました。

日 時:6月16日(土) 13:30~15:30                             
場 所:東京経済大学 2号館 B301教室                                 
テーマ:「日本列島人の起源と成立」                                       
講 師:斎藤 成也(さいとう なるや)先生(日本遺伝学研究所教授)
2018年6月会報斎藤成也先生2

(講師のプロフィール)

1957年福井県生れ。1979年 東京大学理学部生物学科人類学課程卒業、1981年 東京大学理学系研究科大学院人類学専攻修士課程修了。1986年 テキサス大学ヒューストン校生物医科学大学院修了。東京大学理学部生物学科人類学教室助手、国立遺伝学研究所助教授を経て、2002年より国立遺伝学研究所教授、総合研究大学院大学遺伝学専攻教授、東京大学生物化学専攻教授を兼任。2006年 東京大学大学院理学系研究科教授、京都大学大学院理学研究科教授を兼任。専門分野は人類進化を中心とする遺伝子とゲノムの進化。1995年 日本遺伝学会奨励賞受賞、2004年 第12回木原記念財団学術賞受賞、2013年 日本進化学会木村賞受賞。2015年 遺伝学奨励賞受賞。ポール・サバティエ大学より名誉博士号授与。

主な著書・監修本に「多様な花が生まれる瞬間」 (2018年6月発行予定、慶應義塾大学出版会)、「植物はなぜ自家受精をするのか」(2017年 慶應義塾大学出版会)、「核DNA解析でたどる 日本人の源流」(2017年 河出書房新社)、「日本列島人の歴史」 (2015年 岩波ジュニア新書) など多数。




メニュー
アクセスカウンター
リンク