FC2ブログ

1月会報(2017)

                          
                           
                             1月の花3
      
             



           
                                               
      
1月会報   
          
1月会報堺学長 (3)
     
◎東京経済大学 堺 憲一学長の新年ご挨拶                  

欅友会の皆さん、明けましておめでとうございます。

先日、ある本を読んでいましたら、広島県庄原市の和田さんという、地元で森を軸にした新しいライフスタイルを追求されている方が、「高齢者」のことを「光齢者」と呼んでいるという話が出ていました。それは、人生をいっぱい生きて輝ける年齢に達した方々は、人生経験の豊富ないわば「生き方の名人」であるからだそうです。

『欅友会会報』を拝見いたしますと、学習会や市民大学講座を中心に、会員総会、会員懇親会、野外学習会など、実に多くの活動を展開されていることがよくわかります。そうした活動が、「生き方名人」である皆様方の知的な好奇心を掻き立て、円熟さに一層の磨きがかかる機会になりますことを祈念しております。

ところで、東京経済大学は、国分寺市と共催している市民大学講座のみならず、多くのイベントを行っております。具体的には、大倉記念学芸振興会では、年に数回学術講演・芸術公演会を行っています。ちなみに、2016年度には、大熊 孝氏による学術講演「日本の国土横断軸を支える利根川・信濃川・阿賀野川~川と人の共生に向けて~」(6月)や佐藤克文氏による学術講演「バイオロギングでモニタリングする海洋動物と地球環境:空飛ぶ風見鳥」(12月)、そして、芸術公演会として、「信州青木村『義民太鼓』&山中信人『津軽三味線』演奏会」(7月)と「佐野成宏テノールリサイタル」(10月)が行われました。

17年2月には、堤 未果氏による講演会「TPPで日本の医療はどうなるのか」(仮題)が開催予定になっています。ほかにも、国際シンポジウムや学術フォーラムを実施しております。それらは、基本的に地域の皆様方にも開かれておりますので、ご都合がつくときは、是非とも参加してください。

本学が提供しているそうした「学ぶ・楽しむ」イベントが、会員の皆さんにとりましての「活力の源」になれば、本学にとりましてもうれしい限りでございます。

堺 憲一学長のブログ:「進一層」だより:http://www.tku.ac.jp/presidentblog/


1月会報増田会長 (3)

◎欅友会 増田保武会長の新年挨拶 

会員の皆様、新年おめでとうございます。

昨年は夏の参院選で与党が圧勝し、安倍政権の長期化に弾みがつきました。一方、国内経済は消費税の引き延ばし、金融緩和策の継続実施にも関わらず、景気の足踏み状態が続いていますが、年末に大方の予想に反しトランプ氏が米国大統領戦に勝利したことにより、一気にドル高・株高の気運に反転し、期待感が膨らみました。

然し乍ら、中国経済の低迷、英国に続くEU離脱問題、北朝鮮、シリア問題など引き続き経済・安全保障面での不安定感は増しており、この傾向は今年も増幅するものと思われます。

こうした不確実性の増す時代こそ、あらゆるジャンルの基礎知識や情報を吸収していただき、頭をより弾力的にしていただくことが、物事の良し悪しを判断するために肝要なことと考えます。
欅友会の年間学習会、会員親睦の懇親会、野外学習会などの諸活動が、会員の皆さまの知識吸収や心の健康維持推進に役立って頂ければ幸いと考えます。

欅友会は今年で35年目を迎え、会員数も400名を超える地域と大学を結ぶ素晴らしい生涯学習会に発展しています。学習意欲に満ちた会員の皆様方の日頃のご協力に、深く感謝申しあげると共に全面的なご協力を頂いている東京経済大学そして国分寺市に改めて心より御礼を申し上げます。

今年も既にお知らせしている通り、1月から7月までの計10回、時流のテーマを含む魅力ある学習会を設定させて頂いておりますので、多くの会員の皆様のご参加をお待ちしております。
役員一同、今年も会の発展と会員相互の親睦の為に尽力致しますので、ご支援ご協力のほど宜しくお願いいたします。





◎2017年1月学習会のお知らせ


日 時:1月21日(土)13:30~15:30                             
場 所:東京経済大学 1号館A405教室  
テーマ:「クラシック音楽の聴き方、楽しみ方」 

講 師:片山 杜(もり)秀(ひで) 先生(慶應義塾大学 法学部教授、音楽評論家)         

(講師のプロフィール)

1963年生まれ。慶応義塾大学法学部教授、同大学教養研究センター副所長。専攻は日本近代思想史。日本陸軍の思想的軌跡を論じた『未完のファシズム』(2012年、新潮社)で司馬遼太郎賞、及び慶應義塾の顕著な業績を収めた教員に贈られる義塾賞を受賞。同書は海外でも翻訳されている。

1980年代からクラシック音楽の批評をはじめ、朝日新聞、産経新聞、共同通信、『レコード芸術』、『音楽の友』、『CDジャーナル』などに執筆。また、多くのCDや演奏会の企画構成に携わる。2006年にはナクソス・レーベルの「日本作曲家選輯」の企画構成解説等、日本近代音楽の長年の研究業績により京都大学人文科学研究所人文協会賞を受賞。『音盤考現学』『音盤博物誌』(2008年、アルテス・パブリッシング)で吉田秀和賞とサントリー学芸賞を受賞。2013年からはNHK FMで『クラシックの迷宮』のパーソナリティを務める。

現在、吉田秀和賞、大宅壮一ノンフィクション賞、サントリー音楽賞の選考委員。アフィニス音楽文化財団理事。その他の著書に『近代日本の右翼思想』(2007年、講談社)、『国の死に方』(2012年、新潮社)、『クラシックの核心』(2014年、河出書房新社)、『見果てぬ日本』(2015年、新潮社)など。2017年1月には、宗教学者、島薗進との対談本『近代天皇論』(集英社)を刊行予定。




≪学習会出席の皆さまへ≫ 

「受付開始時間」…受付は12時30分からです。必ず受付で名札を提示してください。

「時間厳守」…講義開始の10分前までには着席してお待ちください。

「名札」…会の学習会や行事の際には必ず見えるように携行してください。名札の裏面は緊急時に必要
な場合がありますので、必ず記載しておいてください。

「講義の終了時間」…学習会は講義内容によって、あるいは質疑応答が長引いて予定時間内に終了しな
い場合があります。お急ぎの方は後方の出入口から静かにお帰りください。

「室温調整」…教室内の温度は大学当局により基本設定されています。場所によって温度差があります
ので、各自、羽織るものなどで調整してください。

「図書館利用」…欅友会会員は東京経済大学の図書館を利用できる特典があります。初めて利用者カー
ドを申し込みされる方は前期=3月1日から4月30日まで、後期=9月1日から10月31日の二
回、申し込む機会があります。前年から継続してご利用の方は4月の更新時までカードを使用いた
だけます。申し込みの際には本人確認できるものが必要です。

「食堂」…学生食堂は土曜日には営業しておりません。学生厚生会館1階の売店で、パン、おにぎりな
どを購入できます。

「携帯電話の電源」…教室内では電源を切るか、またはマナーモードにしておいてください。

「非会員の聴講」…学習会で講義を受講される一般の方は、ゲスト会員として1回500円を申し受けます。
 


◎2016年 年頭予測問題の結果発表


☆第一位 荒川雅典様 ☆ 第二位 原茂富明様 ☆ 第三位 小野俊雄様

昨年の会報1月号(第290号)に掲載した「2016年年頭予測問題」には145通(男性117名、女性28名)のご応募を頂きました。正解と本年度の問題は次のページをごらんください。
得点は14問正解者が1名、13問正解者が10名、12問正解者が19名、11問正解者が31名、10問正
解者が42名と、高得点者が多い結果となりました。

14問正解者の荒川さんを第1位に、13問正解者の中から、規定により役員会で抽選した結果、原茂さ
んを第2位、小野さんを第3位当選と決定いたしました。おめでとうございます。入賞されました方には1月21日の学習会で、それぞれに図書カード(1位5千円、2位3千円、3位2千円)を贈呈します。

なお、13点獲得されたにもかかわらず、抽選の結果、惜しくも2位、3位当選をのがされたのは次の方々です。(敬称略)
江原政智、生形哲朗、櫛田正良、桑沢敬典、初芝雅敏、松元俊夫、安富久雄、山岸信雄 
昨年は入賞者、高得点者ともに男性の活躍に目覚ましいものがありました。今年は女性も、新たに会員になられた方も、奮ってご応募くださるよう期待しています。


◎2016年 年頭予測問題正解


1月会報2016年度回答
 

  
◎2017年 年頭予測問題      
   

1月会報2017年年頭クイズ


解答用紙は
会報を郵便でお受け取りの方には会報に同封しております。解答用紙の解答欄の「はい」又は
「いいえ」の何れかを○で囲んでください。
会報をEメールでお受け取りの方には会報に添付して解答用紙を配信いたします。「はい」又は
「いいえ」の何れかを消してください。

応募方法は

締切日1月31日までに下記の方法のいずれかでご提出ください。

①1月21日(土)の学習会で受付に提出     ②役員へ手渡し 
③郵送    ④解答用紙を添付してEメールで送信    ⑤ファックスで送信
※郵送・送信は8ページの連絡先まで。

結果発表は

解答と成績は来年1月の会報で発表し、1位5千円、2位3千円、3位2千円の図書カードを
贈呈いたします。(同点多数の場合は役員による抽選で順位を決定します)                                   
※お名前を書き忘れられますと、高得点でも入賞の対象外になります。
氏名欄に記入漏れの無いよう、提出の前に見直しをお忘れなく!


◎本年度の会員申込の中間報告

1月会報本年度会員構成

継続会員については12月末日をもって締め切らせていただきました。新規会員については、
1月13日(金)まで受け付けいたします。
1月10日現在の会員登録数は414名です。
なお、昨年は399名でした。



・・川柳投稿募集・・・・・・・・・・ 

昨年は皆様の俳句と短歌を会報でご紹介しました。本年は川柳をご紹介したいと思います。
上手下手にはこだわらず、『参加することに意義あり』を合言葉に、すでに川柳に親しんでいる方も、川柳なんて作ったことがない、とおっしゃる方にも気軽に参加していただくのが欅友会の流儀です。

ご投稿はお一人2句までとさせていただきます。テーマは自由です。
締切日は2017年2月25日(土)です。原稿は1月21日と2月25日の学習会受付にお預けいただくほかに、Eメイル、郵送、ファックスなどで8ページの連絡先にお送りください。
また、「会員の声」へのご投稿は常時受け付けています。テーマは自由、文字数2000字まででお願いします。まだ投稿したことのない方、書くことがお好きな方、ご投稿をお待ちしています。


☆.:*:・'゜☆.:*:・'゜☆.:*:・'゜☆.:*:・'゜☆.:*:・'゜☆.:*:・'゜☆.:*:・'゜☆.:.:
年頭予測問題・川柳投稿募集に 新会員、女性会員の積極的な応募を歓迎します 
☆.:*:・'゜☆.:*:・'゜☆.:*:・'゜☆.:*:・'゜☆.:*:・'゜☆.:*:・'゜☆.:*:・'゜☆.:




◎会員の声


                                 1月会報絵馬

【その1】  
健康寿命について考える

                                      江原 政智


日本は世界で最も高齢化が進んでいることは、既によく知られている。昨年9月100歳以上の高齢者が65692人と過去最高を記録したと報じられました。また、65歳以上の割合は26.7%、4人に1人が高齢者で2025年にはその内4人に1人が認知症になるとの見方がある。高齢化が進む中で幸せで活力のある社会を維持していくためには、一人ひとりが自立して暮らせる「健康寿命」を延ばしていくことが日本の社会保障費の抑制にも繋がることになる。

2013年の調査によると男性の平均寿命は80.2歳で「健康寿命」は71.19歳。女性ではそれぞれ86.61歳と74.21歳だった。平均寿命と「健康寿命」の差は、介護などの必要とする期間を意味しており、女性は12.4年間、男性は9.02年間、家庭や施設等で面倒をみてもらっていたことになる。政府は2020年までに「健康寿命」を1歳以上延ばす目標を掲げて「元気で長生き」を支える産業を創出し、経済成長につなげたいと考えています。
1月会報健康寿命2

われわれ高齢者としても当然健康な状態でいられる期間を延ばしたいと考えていると思います。小生は腰痛持ちで歩行に制約を受けていますが、これも加齢によるもので病気と考えないようにして、毎日自主的に改善の努力しています。その中で先日ある方のお話によると、健康寿命を延ばすには筋力の活動が徐々に低下することを憂うよりも、脳の機能の低下を防ぐ方を優先して、如何にして脳を鍛えるか対処すべきだそうです。

そうすると、わが欅友会は今年創立35年、小生も入会20年目を迎えていますが、その間、生涯学習会を継続して地域社会で「健康寿命」を延ばすことに少なからず貢献していると言えるのではないでしようか。なお、今年の学習会スケジュール4月15日に東京都健康長寿医療センター研究部長大渕修一先生の講義「健康寿命の延ばし方」の講義が予定されています。より具体的な専門家のお話が聴けるのではないかと思います。今年も会員のお仲間と共に学ぶ喜びを分かち合いたいと願っています。

最後に小生が、これからの高齢化社会では日本も変わっていく必要があると思って、主張して実践していることを記述してみました。  

1. 80歳以上の高齢者で現役を引退した人の受ける医療は限定的であるべきだ。「健康診断の受診を遠
慮し、自然に任せる」
2. 80歳以上の高齢者の受ける医療は緩和医療を重点にしていただく。「医療機関によっては必要以上の検査や投薬がなされている」    
3.口からの食事ができなくなつたときが寿命と考える。「胃ろうなどの治療は断る」  
4.継続中の医療はその治療の「やめどき」をたえず考える。               

以上
                                    1月会報挿絵1(


【その2】
国分寺に住んで

                                     山岸 信雄
 

 国分寺市光町に越してきたのは平成6年7月。以来23年、この街で暮らしている。この20数年間で宅地化が相当進んだが、まだまだ植木畑や市民農園などの農地が点在しており、溢れるばかりとは言えないまでも緑豊かな心落ち着く街である。2年前までサラリーマンとして、国立駅から四ツ谷駅まで中央線の満員電車で、四ツ谷駅から永田町までは麹町、平河町のビル街を歩いて通勤していた。

 都心で働くサラリーマンにとって、ビルに覆われない青い空の下に広がる緑の空間は、ほっとする安堵感を提供してくれるオアシスである。高層のビルは、土地を有効活用して機能性に富んでいるが、そこに出入りする人々や傍らを歩く人々には無言のストレスともなる。永田町からの帰路、新宿通りを西に進んで麹町六丁目のビル街を抜けると、中央線を跨ぐ四ツ谷見附橋が現れ、視界が開ける。橋の上は無論、ビルはなく空が広く、風がそよぎ開放感に満ちている。…嗚呼ー国分寺に帰れる……。陽の長い夏の夕暮れ時には、新宿通りとその両側のビル街が遠近法の投射線のように立体的に延び、その先の新宿の街の遥か西方に沈んでゆく真っ赤な太陽を惜しむように眺めることができる。大勢の歩行者がスマートフォンをかざす瞬間である。

 国立駅で満員電車から解放され、家路を急いでいると、やがて広い空が現れるや、無上の歓びのようなものが湧き上がってくる。満開の桜、萌え出す新緑、酷暑を遮る欅並木、赤や黄色の鮮やかな紅葉そして冬の夜空など、この街の自然はストレスを癒し、安らぎと活力を与えてくれ、心身ともに健全性を維持してくれる。
        1月会報国分寺崖線1
 
 国分寺市は、武蔵野の面影を残す樹林地や農地などの緑豊かな街である。特に、国立駅の東側から続いている登り斜面には緑地が多い。国分寺崖線と呼ばれる崖の連なりである。国分寺崖線は、太古の多摩川(古多摩川)が10万年以上にわたって武蔵野台地を浸食してできた河岸段丘で、立川市から国分寺市、国立市、小金井市、府中市、調布市、世田谷区の等々力渓谷を経て大田区まで続いている。総延長は約30km、高低差は20m。およそ5万年前に現在の地形が形成されたと考えられている。崖の低部には「はけ」と呼ばれる湧水池が数多く存在し、ここから湧き出した地下水が樹林地を涵養している。その湧水の一つ、真姿の池湧水群の湧水は、全国名水百選と東京都名水57選に指定されている。また、日立中央研究所の構内にある湧水は、国分寺市に端を発する野川の源流となっている。
                                 1月会報野川1

 湧水のある地域、「はけ」には古くから人が住み始め、光町遺跡、多摩蘭坂遺跡や西恋ヶ窪三丁目周辺の熊ノ郷遺跡は、旧石器時代の集落跡で、ナイフ形石器が出土している。最古のものは3万5千年前のものと考えられている。我々ホモサピエンス(現生人類)の前に存在したネアンデルタール人(旧人類)が絶滅したのが2万数千年前と言われており、いかに早くから我々の祖先の生活が営まれていたかがわかる。また、武蔵国分寺跡や東京経済大学遺跡から旧石器や縄文土器が、日立中央研究所付近の羽根沢遺跡からは縄文土器が、その他国分寺崖線上の南斜面の多数の遺跡からも旧石器・縄文時代の埋蔵物が出土している。南向きで日当たりの良い斜面は、底部の「はけ」が飲料水を供給、植物を育てて木の実・
草の実を食料として提供し、その上部は水はけの良い住居となった。人間の生活に必要とされる水と緑の資源が豊富に存在していたのだ。
1月会報湧水2
 
 良好な自然環境は、人々を潤し、明日への活力を供給し、更には文化を育む大切な資源である。豊かな緑と水という環境資源を持続させ、日々の生活に有効活用するとともに、後世に残してゆくことは、3万5千年前の我々の祖先も願っているであろう。




2017年(平成29年)学習会スケジュール



1月会報2017年スケデュール

★スケジュールは事情により変更、中止する場合があります。予めご了承ください。
○学習場所 東京経済大学の教室  4月以降の教室は決定次第お知らせします。                             
○各学習日とも土曜日 13:30~15:30 (受付開始は12:30より))
○下記の学習会は映画上映のため終了時間が1時間遅くなります。
★ 7月29日  13:30~16:30 


(編集後記)

東京経済大学のキャンパスでは山茶花と木瓜が咲いています。梅や山茱萸も遠からず開花するでしょう。よく見ると、校舎の裏の月桂樹も堅い蕾を付けています。寒いときですが、皆様頑張って学習会にお越しください。キャンパスで春の息吹を感じられると思います。ところで、東経大の水道は現在の地に移住してきたときから、全て地下水源だそうです。1号館1階に設置されている冷水スタンドでご試飲いただけます。ただし、コップは備えていませんので、ご用意ください。(大崎尚子




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
メニュー
アクセスカウンター
リンク