野外学習会

◎10月26日 野外学習会に参加して
                                
                                         山田 健
 昨日までの鬱陶しい秋雨が嘘のように晴れ上がり、爽やかな青空の下、参加者51名を乗せたバスが予定より少し早く午前7時20分国分寺駅南口を出発した。今回のテーマは「筑波で先端文化に親しむ」。外環道から常磐道を経てサイエンスの街つくばへ。

 最初に訪れたのは国土地理院「地図と測量の科学館。元国土地理院院長星埜由尚様の直々のご案内という特典付き。まず屋外にある20万分の1の日本列島球体模型を見学した。竹島や尖閣諸島、南鳥島、沖ノ鳥島など東西南北の領土・領海の広さを実感できた。また地球の丸さも体感でき、ここだけでも地図の好きな方は見飽きることを知らない。近くにはGPS電子基準点も設置されており、また室内で三角点が今はほとんど使われていないというお話を伺って、地図の世界の時代の変遷を感じた。

 次に「宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センター」に移動、職員食堂を使わせていただいて昼食。昼食後は記念撮影の後フリータイムで展示館「スペースドーム」の見学、ミュージアムショップでの買い物等で過ごした。
 午後はJAXA構内見学ツアー。全員名簿通り整列いただき、身分証明書との照合検査を受けた。紹介ビデオを見た後、バスで構内へ。衛星試験棟保管庫と宇宙飛行士養成棟の2か所をガイド付きで見学した。ロシアの衛星実物や宇宙メダカ、宇宙服、宇宙食、宇宙飛行士訓練施設等を見ることができた。

     11月会報(野外学習会2)

                         11月会報(帰還したカプセル)

 JAXAを後にし「筑波実験植物園」に向かった。ここは国立科学博物館が植物の研究を推進するために作ったという。季節によってさまざまな珍しい植物が観察できる植物好きには垂涎の施設であろう。屋外の展示はもとより温室も充実しており、ヤシやバナナ、サボテン、ベゴニア、水生植物等見どころ一杯。屋外は今の時期なのであまり華やかな花々は少なかったようだが、セコイアの巨木やニッケイ(ニッキ、シナモン)の木などが見られた。

 予定通り16時ちょうどに植物園を出発して帰路に。途中高速道路の渋滞に巻き込まれたが19時に出発地に戻ることができた。お疲れ様でした。
                            11月会報(野外学習会記念写真)

  
メニュー
アクセスカウンター
リンク