8月会報

                  
                          8月会報さるすべり1
                                                                                                                




8月会報 
 



         
◎ご案内とお知らせ

◎ 野外学習会のご案内

今年の学習会は「筑波で先端文化に親しむ」をテーマに、筑波市にあるJAXA、国土地理院、植物園
を見学し、わが国の研究開発の先端分野を学習できればと企画いたしました。 奮ってご参加下さい。
なお、見学施設では本人確認、年齢の確認が行われます。運転免許証、健康保険証などを提示できる
よう準備が必要となりますので、ご承知おき下さい。 

【実施内容】

1. 日  時 : 10月26日(水) 午前7時30分 国分寺出発(7時15分までに集合)
2. 集合場所 : 国分寺駅南口正面通り「都営住宅前(旧はやし屋文具店前)」南口より徒歩1分
3. 会  費 : 4,500円(交通費、入館見学料、昼食代、保険料を含む)当日徴収します
4. 募集人員 : 50名

【見学場所】

国土地理院(地図と測量の科学館)
 地図や測量に関する歴史、原理や仕組み、新しい技術などを総合的に展示する施設です。日本列島の空中
 散歩を疑似体験、古地図の展示、新旧の地図比較など、日本の地図、地理に関する展示が豊富にあり、日
 本の国土への知見が豊富になります。
JAXA(筑波宇宙センター)  
 日本における宇宙開発の拠点です。人口衛星などの追跡管制、宇宙飛行士の訓練、ロケットや人工
 衛星の試験を通じ宇宙開発の新しい技術や機器の開発などを行っています。
 今回は、各施設の一部ですが、ガイド付きで「見学ツアー」をご用意いたしました(約70分)。
 なお、当所にて昼食を準備しております
植物園(日本国立科学博物館・筑波実験植物園)
 14万平方メートルの敷地に、国内外の樹木、草花3万5千種、10万株が栽培されています。また、屋内にはサ
 バンナ温室と熱帯雨林温室があり、世界最大規模といわれ、一見の価値があります。

【参加の申し込み】<例年通り電話による先着順受付とします>
申込み受付日時
   8月27日(土)午前9時~正午
   渡辺 義広 0422-56-0934

①入館、見学時の割引、セキュリティの関係で年齢の申告が必要なため、年齢をお伺いたします。
②会員の受付を優先し、家族・友人等で参加を希望される場合は会員受付時にその旨申し出て下さい。
 会員受付後、空きがある場合は会員受付時の順番にて受付の可否を連絡いたします。  

◎お知らせ

◆東京経済大学図書館利用を希望される欅友会会員に対し、秋の申込受付が実施されます。
 身分証明書を持参して図書館で申請してください。受付期間は9月1日~10月31日です。
◆会報9月号は例年通り夏休みとさせていただきます。ご了承ください。


◎お願い
 
7月会報わたしの18月会報忘れえぬ言葉
    
    引き続き上記テーマで原稿を募集しています
    忘れ得ぬ言葉と、それにまつわるエピソード等を書いてご投稿ください。
    初めての方も自由に書いてご参加ください。詳しくは7月号をお読みください。
    なお、ご要望により締切日を9月20日まで延期します。
    用紙は原稿用紙でなくても結構ですが、400字以内でお願いします。
    なお、タイトルと氏名は文字数に含みません。
    原稿はファックス、メール、郵送でお送りください。
   





 





8月会芳賀先生1

◎ 7月9日(土) 学習会の要旨 
 
 日 時:7月9日(土) 13:30~15:30                             
 場 所:東京経済大学 2号館 B301教室  
 テーマ:「古地図で見る国分寺と東京経済大学キャンパス
       ――地形と水環境を中心に」                                          
 講 師:芳賀 啓(ひらく) 先生
      (東京経済大学客員教授、日本国際地図学会評議員)
 出席者:146名(会員:男性97名、女性:39名、
        非会員:男性6名、女性4名)

【講演要旨】


地図と古地図

数年前、「地図男」と言う本が出た時は、自分のことか?と少しどきっとしたが、永年都市の地図と地形を研究している。2008年神田神保町を歩く「ぶらタモリ」への出演を要請されたが、NHKの都合で急にロバート・キャンベル氏(アメリカ出身の日本文学者で東大教授)に交代させられたこともある。テレビでは三井文庫に保管された大量の江戸古地図を紹介したこともある。―ここで自著「江戸の崖、東京の崖―講談社」、「江戸東京地形の謎―二見書房」等を聴講者の回覧に廻す。―

「地図に残る仕事」と言うテレビのキャッチコピーを持つ大成建設(旧大倉土木)と、東京経済大学(旧大倉商業)は共に大倉喜八郎によって創設された組織で、大正6年の地図にある。

赤坂葵町の大倉商業学校(明治33年創設)や大倉邸が1945年の戦災で焼失したため、学校は翌年国分寺にあった大倉系の南部中央工業(銃砲会社)と地続きの地に移転、1949年に大学に昇格して新たに東京経済大学となり現在に至る。大倉財閥の事業は幕末から明治初年にかけての鉄砲などの武器商としての成功にあった。

古地図とは一般には江戸時代の地図を指すが、自分は新しい地図以外は全て古地図といっている。古地図にも本物と偽物があり、太田道灌時代の絵図に当時未だ無かった神田川などが載っているような偽物も多い。また、偽物とまで言わずとも、推定による不確かな地図も散見される。
例えば、国分寺附近の地図でも甲武鉄道の線路だけを削除して、北口に駅前集落をそのままにし、初版図らしくしている偽装商品が古地図として売られている。

地図と地形図

現在の地図によると、東京経済大学が小金井市との境、国分寺市の東端にあることが判る。明治10年代の2万分の1の古地図で標高74.95mの地点が現在の東経大の場所である。戦争末期の陸地測量部の作った3千分の1の極秘地図には、今の東経大の南に国分寺崖線(国分寺cliff-line)が極めて明瞭に示されている。

           8月会報くらほね坂

新しい地図は建物に囲まれていて地形が判り難いが、古い地図は建物がまばらで等高線などから地形を読み取ることが出来る。東経大の東側の道路の坂下に「くらぼね坂」の標識があるが、坂に名前があるのは日本だけで、名前のある坂は江戸時代以前からの道が多く、また隣村との境界線であることが多い。くらぼね坂は国分寺村と貫井村との境界線である。勾配8%とあるのは、水平に100m行った先が平均で垂直に8m高くなることを意味する。

                            8月会報国分寺崖線1

崖とハケは混同されているが、崖の一部が崖下の湧水で浸食されて後退し、瓢箪型にえぐれた部分がハケである。新次郎池(北沢新次郎学長の名にちなむ)や真姿の池、貫井神社などがまさにハケである。海や川の水の流れは時代と共に自然の力で変るもので、それがコンクリートなどで固定されるのは近々50~100年来のことである。地形図で重要なのは傾斜を表す等高線である。"map it up"と言う英語は、“図にして考えろ”との意味で、図に描けば物事が良く見えてくるとの意味である。

童話作家浜田広介の童話で、「狛犬の目が赤くなったら島は沈む」との僧の予言を悪用した海賊が、狛犬の目を赤く塗って島民を追い払い、その留守宅を荒らし回って酒盛りをしていた時、津波で島は沈んでしまったとの阿波の昔話があるが、この島が「おかめ島」と呼ばれたのは、島民が島の形がおかめに似ていると想像したからで、実際には真上からみることは出来なかった筈。明治10年、島津製作所の創業者が気球で空中に上がるまでは、日本では誰も空から地形を見たものはいない。にもかかわらず伊能忠敬以来地図は作られて来た。人間には空想で頭の中に地図を思い描く能力がある。地図はあらゆる場所を真上から垂直視線で見るが、絵図は真横から水平視線で見たものである。

与謝蕪村の”春の水山なき国を流れけり”の句を、正岡子規は「山なき国」などある筈がないと絵画的観念で批判したのに対して、内藤鳴雪は地図的観念ではありうると擁護して論争になった。日本列島は細長い島国で山脈が走っている。どこでも川の上流を見れば必ず山が見える。

最古の江戸全図

三代将軍家光の時代の寛永年間に最も古い精密な江戸全図が作られた。2012年、この地図が大分県の臼杵市で発見されたことが東京新聞で報じられ、早速行って3m×3mの複製を作ることができた。この地図は傾斜地が緑色で示された地形図で、中野の三重塔、神田川、淀橋、柏木、新宿追分、代々木、幡ヶ谷、青山通り、渋谷、宮益坂、高田馬場、早稲田など江戸の全図が詳細に示されている。

              8月会報武蔵国古地図1

国分寺の簡単な年表と地形

西暦  760年 武蔵国分寺建立
    1603年 徳川幕府開府
    1654年 玉川上水通水
    1889年 近隣9か村が合併して国分寺村となり、甲武鉄道が開通、国分寺停車場が出来る
    1940年 町制施行
    1942年 日立中央研究所設立     
    1944年 小林理研(リオン)設立   
    1946年 大倉経済専門学校国分寺に移転
    1964年 市政施行

さて、江戸時代の国分寺は江戸ではなく、武蔵国多摩郡であり、武蔵国の国府は府中にあった。「江戸」の名称は古いがそれはあくまでも俗称であり、行政地域の正式な名称ではなかった。江戸の中心は御府内と言われ、それは江戸城の外堀を中心とした地域だった。
江戸時代初期、正保の武蔵国絵図には、国分寺、恋ヶ窪、貫井などの村や、街道筋の一里塚、国分寺崖線や狭山丘陵を示す山などが描かれていて、等高線など無い時代でも高低差を的確に表現している。

伊能図と国絵図の違い

伊能図は天体測量と歩測とで作られたが、その武蔵野の地図には、江戸城の築城に必要な石灰を運んだ青梅街道が描かれていない。その理由は、歩いて測量した場所以外は描かれていないのである。伊能図は基本的には海岸線に重点を置き、内陸は歩いて測量した輪郭だけを描いた地図であった。他方、国絵図は全国の村々をくまなく描いている。国分寺市史に掲載されている江戸時代の村絵図には、この辺りの田、畠、野川やその分水なども描かれている。

人間と水

近代水道が普及する以前、人間の住まいは水場から離れることが出来なかった。それ故国分寺村の起源も崖線に沿った元町からスタートしており、深井戸を掘る技術の無かった時代は水の得られない台地の上には住めなかった。玉川上水が引かれた後も、水を自由に使えない台地には多くのひとが住まなかった。江戸時代の終わり頃からようやく上総掘りという深井戸掘削の技術が開発されたが、それも高価で普及せず、近代水道が引かれるまでは水源の無い場所には人は住めなかった。水道が普及する以前、国分寺に移転して来た東京経済大学の水は、今でも全て単独の地下水源であり、災害時には貴重である。

(ここで1906年―明治39年―の2万分の1の国分寺の地図を、3本の等高線と野川の流れ、府中街道や国分寺街道を含む4種類の道路などを色塗りして、国分寺崖線で特徴づけられた町の地形や田、畑、林、甲武鉄道を通すために掘り下げたり盛り土した姿を実感し、地図・地形図の読み方を学ぶ作業を聴講者全員で行った。同じような作業を1999年の1万分の1の地図でも行った。)

何処までが海だったか?

縄文時代に海だった場所は標高がせいぜい2~3mまでの場所で、60~80mの国分寺は勿論、新宿あたりも海ではなかった。

              8月会報国分寺崖線と湧き水1

国分寺崖線
 
1952年に地質学者(福田 理と羽鳥謙三)が命名した学術用語で、立川の砂川から世田谷の成城まで約20kmの10~20mの標高差のある崖が、武蔵野台地を武蔵野面と立川面に分けている。崖線の形成は2万年前の氷河期と考えられる。
                                              
ライフライン

災害時に貰える飲用水は一人2リットルだが生活用水としては最少5リットルは必要。現在の水道はコンピューター制御で電気が止まれば全て止まってしまい、首都圏3500万人分の水は全国の給水車を集めても賄えない。地震災害を考えると水は井戸、便所は汲み取り、燃料はプロパンガスが理想的で、井戸程貴重なものはない。国分寺は人口12万人だが、手漕ぎ井戸が15基しかない。但し、東京経済大学は地下250mから電動ポンプで汲み上げた地下水で全て賄っている。併しそれとは別に、創立120周年事業として手漕ぎ井戸の掘削を提言している。

      8月会報芳賀先生5
                         8月会報芳賀先生地図

(質疑応答)

Q1 国分寺村と恋ヶ窪村とどちらが古いか?
A1 恋ヶ窪の方が古いと思われる。

Q2 国分寺北口の第2小学校の裏手は川の浸食によるハケか?            
A2 国分寺駅の北口一帯には谷地形が入りこんでいるが、ハケではない。ドンキホーテの裏にも窪地があ
  る。窪地は水による浸食地形で、すり鉢地形という人がいるが、浸食の場合どこかに必ず流出口があ
  るから、それは間違い。

Q3 国分寺市は新田開発で出来た村か?
A3 元町の古い村と、新田開発で人が住みついた部分との二つにより出来た町である。

Q4  本多新田の水は玉川上水から引いた水か?
A4 その通りだが、水田ではなく畑地である。               
                                 (文責:天野 肇)



  


8月会報白井先生1

◎ 7月23日(土) 学習会の要旨


 日 時:7月23日(土) 13:30~16:30                             
 場 所:東京経済大学 2号館 B301教室  
 テーマ:映画を読む会―「シロタ家の20世紀」                                          
 講 師:白井 堯(たか)子 先生
       (慶應義塾福沢研究センター客員研究員)
 出席者:192名(会員:男性115名、女性:62名、
          非会員:男性7名、女性8名)


【Ⅰ】映画概要

「シロタ家の20世紀」(2008年キエフ国際ドキュメンタリー映画祭審査員大賞受賞作)
監督・脚本: 藤原智子
製作: レオ・シロタ製作委員会 大和史明
企画: 藤原智子 富田玲子 白井堯子
撮影: 海老根務 宮内一徳
編集: 田中啓
出演: ベアテ・シロタ・ゴードン   アリーヌ・カラッソ  他

2005年パリ日本文化会館で上映されたドキュメンタリー映画「ベアテの贈りもの」で紹介され、日本国憲法に男女平等を書き加えた女性として知られるベアテ・シロタ・ゴードンさんだが、その家族の歴史には戦争に翻弄され続けた波乱と悲劇に満ちた物語があった。そんなロシア出身のユダヤ人一家、シロタ家が辿った20世紀の光と影を描くとともに、シロタ家の人々が願う平和の尊さを改めて見つめ直すドキュメンタリーがこの「シロタ家の20世紀」である。


【Ⅱ】白井先生による映画紹介


この映画は、ユダヤ人の高名なピアニスト、レオ・シロタとその一家を描いたドキュメンタリー作品です。20世紀初頭のユダヤ人差別、迫害を受けた悲劇と平和を強く希求する姿を描いた作品です。全篇を流れるピアノ曲はほとんどレオ・シロタの演奏です。バックグラウンドミュージックではなく、演奏も作品の一部として聴いていただきたい。

また、こうした悲劇を通じて改めて平和の大切さを考えていただくきっかけにしていただければ幸いです。多くの人名が出てきますので、予め主な登場人物について簡単に紹介しておきます。

レオ・シロタ:ウクライナ出身のユダヤ人で、日本ともきわめて関係が深い高名なピアニスト。
ベアテ・シロタ・ゴードン:レオの娘で日本国憲法草案作成に携わった。
ピエール:レオの弟、パリで音楽プロデューサーとして名を成した。アウシュヴィッツに送られる。
ヴィクトル:レオの兄、ポーランドで指揮者として活躍していたが、ワルシャワで政治犯として収監
     され以後消息不明。
イゴール:ヴィクトルの息子。ポーランド義勇軍としてノルマンディ上陸作戦に参加するも戦死。
アリーヌ・カラッソ:ピエールの孫娘。この映画の語り部として登場。

姉=姉=兄 ヴィクトル(政治犯)=レオ・シロタ=弟 ピエール(アウシュヴィッツ)
       |         |        |
      イゴール(戦死)   ベアテ       ティナ
   (ノルマンディ上陸作戦)(新憲法)      |
                        アリーヌ(パリ在)


【Ⅲ】あらすじ


日本国憲法に男女平等の条文(24条)を書いたベアテ・シロタ・ゴードンの祖父母シロタ家は、ロシア領だったウクライナのカミェニェツ・ポドルスキの出身であった。そこには、かつて多くのユダヤ人が住んでいたが、度重なるユダヤ人迫害(ポグロム)と第2次世界大戦中のホロコーストによって、今はかつての8割がいなくなった(ディアスポラ)と言われている。衣料商をしていたレオの両親は、19世紀末、ユダヤ人迫害を逃れキエフに移った。そこで5人の子供たちは、皆音楽家を志し、史料館に残された100年以上前の音楽学校の学籍簿は、彼らが非常に優秀だったことを物語っている。

彼らは、卒業後ワルシャワで、ウイーンで、パリでとそれぞれ大都会で目覚ましい活躍をした。
特にベアテの父レオは、ブゾーニに認められヨーロッパの楽壇で世界的ピアニストとして大活躍、「リストの再来」と言われた。山田耕筰に請われて日本で演奏会を開いた翌年1929年からは日本で17年間ピアニストの育成と演奏活動を行い、日本の楽壇に貢献している。後の大家園田高弘、藤田晴子等を育成した。

レオの弟のピエールは、サンクトペテルブルクの音楽院で学んだが、舞台に立つと上がってしまう性格だったので, ピアニストを断念。音楽プロデユーサーとしてパリで活躍。近代音楽とロシアのバレエやオペラをヨーロッパに紹介したり、フランスの俳優モーリス・シュヴァリエやシャンソン歌手ミスタンゲットなど、有名な芸術家のマネージャーを務め名声を得た。

      8月会報シロタ家の⒛世紀1
                  8月会報シロタ家20世紀2
                              8月会報シロタ家の⒛世紀2

だがヨーロッパに残ったシロタ一族は、ナチの台頭と第2次世界大戦で、悲劇的な最期を遂げる。ピエールはアウシュヴィッツに連行され、命を落とす。長兄ヴィクトルはポーランドで指揮者として活躍していたが、1942年ワルシャワで政治犯として収監され、以後行方不明となった。その息子イゴールはポーランドの義勇軍として連合国とともに戦ったが、ノルマンディ上陸作戦で勝利を目前に戦死。第2次大戦中日本にいたレオは、軽井沢に軟禁され、官憲の目が光る中で不自由な生活を余儀なくされた。
                           
しかし戦時中アメリカに留学し、戦後GHQのメンバーとして来日して両親と再会したベアテは、日本の新憲法の草案作成に関わり、男女平等の条文(第24条)を書いた。そして、父のレオは、戦後間もなく日本を去りアメリカのセントルイス音楽院の教授となる。1963年再び懐かしい日本で演奏会を催した。そして1965年79歳で他界した。

ベアテは、晩年、日本女性の地位向上と新憲法に込められた世界平和への理念を訴えるべく、毎年のように来日。その間には、父レオの高弟で幼馴染みのピアニスト園田高弘の記念コンサートも聞き、旧交を温める。
そしてベアテの願いを受け継ぐかのように、スペインのカナリア諸島、グラン・カナリアのテルデ市にあるヒロシマ・ナガサキ広場には、スペイン語で書かれた日本国憲法9条全文の碑が掲げられ、市長は「あの条文は世界の希望です」と語る。
(ベアテは、2012年の暮に89歳で他界。)

【Ⅳ】白井先生による解説


映画をご覧いただいた方はそれぞれの感動、安らぎ、思いなどを感じていらっしゃるので、その皆様の気持ちを傷つけないように映画終了直後に私がお話することは難しいのですが、この機会に映画に関してお話しさせていただきます。
私は小さい頃藤田晴子先生にピアノを習いました(レオの孫弟子です)。藤田先生はレオの高弟でピアニストでありながら、後に東大法学部の女子1回生として学び、国会図書館に勤務いたしました。2001年に亡くなりましたが、そのご遺産を文化事業に使ってほしいとの遺志がおありで、我々弟子たちが考えあぐねているちょうどその時に、藤原智子さん(この映画の監督)と出会い、この映画に携わることになりました。
「シロタ家の20世紀」は、戦争と迫害の20世紀の縮図であったシロタ家を、次の五つの物語で描いています。

1.人種差別

・シロタ家の出身地カミェニェツ・ポドルスキには18世紀半ばからユダヤ人が増え、19世紀半ばには多く
 のユダヤ人がこの地からア メリカのニューヨークへ移る。
 だが第2次世界大戦前まではこの地の人口の40%がユダヤ人。ロシア帝国はユダヤ人の居住地にも教育
 にも差別。ヒトラーはカミェニェツ・ポドルスキで「最終的解決」として1941年8月の2日間で10
 万人のユダヤ人を殺害した。
・シロタ家の三男ピエールはアウシュヴィッツで死去。
・次男レオの娘ベアテは、日本のドイツ人学校で差別を受けアメリカ人学校へ移る。
・ジューイッシュ・マザーとは、日本でいう「教育ママ」だが、地位や財産をいくら持っていても迫害を
 受ける宿命のユダヤ人の母親 は、子供に何か能力・技術を身に着けさせることに必死だった。レオの母
 もまさにそうだった。
8月会報レオ・シロタ2

2.音楽

・シロタ家の長兄ヴィクトルは指揮者、三男ピエールは音楽マネジャーになる。
・次男レオは世界的なピアニストになる。「ヨーロッパ最高のピアニスト」「真の芸術的ピアニスト」
 「魔王的ピアニスト」「リストの再来」と称賛された。
・レオはハルビンで出会った山田耕筰の強い要請を受けて1928年43歳で来日し、同年11月15日の
 最初のリサイタルを開いたが、「日本で初めて本物のピアノの音が鳴り響いた日」として称賛された。
・レオは1929年一家を帯同して再来日。以後17年間演奏活動と教育活動(東京音楽学校・・現在の東京
 芸術大学)に専心。ナチスの台頭でヨーロッパは政情不安定、日本は平穏と思われた。
・「レオ・シロタが来日していなかったら日本のピアノ界・音楽界の成長は数十年遅れたであろう」。
 この映画の中に流れるピアノ演奏のほとんどがレオの演奏。
・レオ、外来の音楽家のサポート。「日本は音楽的に未開の国。しかしレオがいる国、希望の国」として
 シャリアピンやルービンシュタイン来日。

3.戦争
・日独伊三国軍事同盟成立(1941年9月)、第2次世界大戦勃発。
・長男ヴィクトルは、ナチス・ドイツ占領下のワルシャワで政治犯収容所に収監され、消息を絶つ(1942
 年)。
・ヴィクトルの息子イゴールは、ポーランド軍として、ノルマンディ作戦に参戦(1944年8月20日戦死)
・三男ピエールもアウシュヴィッツで死去(1944年)。
・次男レオは妻と共に、1944年敵性外国人として軽井沢で憲兵が見張るなか軟禁され、寒さと飢えに苦し
 む。また、日本人にピアノを教えることは禁じられた。ある日、食べ物に困ったレオがあるお百姓を訪
 ねる。お百姓はしげしげとレオの顔を見て部屋に招き入れる。そこにレオの東京での演奏会のポスター
 が貼ってあった。そのお百姓はたまたま上京して日比谷公会堂に入ってピアノの演奏を聴き、感動して
 壁に貼ってあったポスターを譲ってもらった。以後レオはこのお百姓に大変助けてもらったという。
                                                  8月会報日本国憲法1

4.フェミニズム
・レオの娘ベアテはGHQ(連合国軍総司令部)の一員として日本国憲法の草案作りに携わる(人権の条
 項)。
・憲法第24条、即ち、家庭生活における個人の尊厳と両性の本質的平等を定めた条文の草案作り。
 ①婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力
 により、維持されなければならない。
 ②配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関して
 は、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

・ベアテは日本にいる頃お手伝いさんから、日本の女性の地位が極めて低いこと(お妾さんのこと等)を
 聞いていたので、特別の感情を持ち男女平等を憲法に織り込んだ。ちなみにいまだ米国憲法にもこの条
 項はない。
・草案作りに携わったことは当時極秘にするよう指示されたので、1990年に公表されるまでわからなかっ
 た。ベアテは最後の生き証人としてそのことを公表すると同時に、女性の地位向上、平和を希求してい
 く活動を続けた。

5.平和
・ベアテの言葉「日本国憲法9条は世界のモデル」
 憲法第9条「戦争の放棄、軍備及び交戦権の否認」 
 ①日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による
 威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
 ②前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認め
 ない。
               8月会報憲法9条カナリア諸島

・スペインのフランコ政権下において大きな弾圧を体験したカナリヤ諸島のグラン・カナリアにあるテル
 デ市のヒロシマ・ナガサキ広場には、スペイン語で書かれた日本国憲法9条全文の碑が掲げられている。
 スペインがNATOに加盟する際、大反対運動が起きて日本国憲法に学ぼうということを契機に碑が建て
 られた。このことは映画が完成した後知るところとなり、あわてて取材し、無理やりこの場面を挿入し
 た。
・20世紀は迫害、差別、戦争の歴史だった。シロタ家はまさに20世紀の縮図のような歴史をたどってき
 た。皆様それぞれの方が味わった悲劇とシロタ家の悲劇と重ね合わせ、平和がいかに大切か、これから
 どうあるべきか、どのように生きていくべきかを考えていただきたい。この映画がそうしたきっかけに
 なることを切に願っている。
8月会報白井先生風景2
                            8月会報平和の鳩1

最後に質疑応答の中で、中米コスタリカも日本国同様憲法で常備軍の廃止をうたっていることも披露された。白井先生から「9条を北極星に例えたご発言は大変参考になった」とのコメントがあった。
また、2012年に亡くなったベアテさんの遺骨の一部が、富士山が良く見える霊園に安置されているという紹介があった。ベアテさんは亡くなる直前まで、日本を愛し、平和の大切さを強く訴えていたという。
                                     (文責:山田 健)



 
メニュー
アクセスカウンター
リンク