欅の木3余白削除70 欅友会
FC2ブログ

欅友会



欅友会(きょゆうかい)について

 国分寺市と東京経済大学は、1982年以来、共催で9月下旬から12月中旬まで7回の土曜日に市民大学を開催し、一般市民の生涯学習に寄与しています。
 この市民大学講座を受講した皆さんから、市民大学講座の閉鎖期間中も引き続き勉強会を継続したいとの声が上がり、自主的に結成された学習会が欅友会です。即ち、欅友会とは国分寺市市民大学講座同窓会であり、同時に会員相互の親睦会でもあります。国分寺市教育委員会と、東京経済大学のご理解とご協力を得て、毎年1月から7月まで、ほぼ10回、学習会を開催しています。
 当会も2012年で創立30周年を迎え、記念講演、記念誌発行の記念行事を行いました。このような活動は地域社会との共生を図るという観点からも極めて意義あるものと思われ、2012年には朝日新聞、読売新聞にも取り上げられました。

2012年3月15日 朝日新聞朝刊(多摩版)
0006.jpg

2012年5月17日 読売新聞朝刊(多摩版)

 欅友会では通常年10回の学習会の他、秋に野外学習会、日帰りバスツアーを開催し、会員相互の親睦に努めています。5月より欅友会のホームページはブログ形式に変更し再出発しました。





会員の声

◎会員の声

“遥かな友に”に寄せて
                        内田 豊(うちだ ゆたか)

私は高校時代、夏休みに仲間と合唱の練習を兼ねて本栖湖(富士五湖の一つ)で合宿をしましたが、その時のことが今でも懐かしく良き思い出になっています。
2020年7月会報本栖湖1

本栖湖は神秘的な瑠璃色の水をたたえる湖で、千円札の図柄となった富士山の雄姿が望めることで知られています。また、本栖湖は五湖の中でも一番水深があり、透明度も抜群でカヌー場として全国大会も開催されています。さて、我々仲間の一行は昼過ぎに到着し夕方まで練習をしました。そして、夕食は名物の“ほうとう”、焼き肉料理などを堪能しました。

夕食を済ませ、しばらく休んだ後、再び夜遅くまで繰り返し練習をしました。この合宿で練習した曲は「遥かな友に」(作詞・作曲磯部俶)でしたが、この作品は戦後合唱曲として発表されたもので、当時はまだあまり知られていませんでしたが、我々仲間にとっては合唱曲として大変魅力のある作品だったので、一生懸命練習しました。
                         2020年7月会報男声合唱1

また、この「遥かな友に」は独唱でも楽しく歌えるので、後に学生達の間で盛んに歌われるようになりヒットしました。今では学生に限らず多くの人に愛唱されています。この他にも“惜別の歌”や“夏の思い出”、“さくら貝のうた”等も歌って楽しみました。
今思えば良き青春時代だったと思っています。

                        編集担当:橋本 滋
メニュー
アクセスカウンター
リンク